FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 page top↑
お金の教養
2008 / 10 / 04 ( Sat )
いつもどんぶり勘定な ななかです。

みなさん こんにちは。


ちなみにタイトルは本のタイトルのパクリです(((((((

すみません。。。


お金って執着したくはナイけど、ナイと生きていかれないですよね。。

そんなお金についての本があったんですw

その名もお金の教養


お金の使い方が上手な人っていませんか??

あたし前にお水やってて色んな人に出会ってきたんですが

特別節約してるカンジではないのにちゃんと貯金できてたり

家庭があってもスキなように遊べるてる人や

月収がビックリするほどじゃなくても遊べてる人が沢山いました。


あたしはお水やってただけの事はあって

横浜だったので銀座や六本木と比べたらそれ程じゃないと思いますが

月収にすると80~100万ぐらいの手取りがあったにも関わらず

少し貯まると旅行行ってパァ~~~っと使ってしまい

これだけの収入がありながらたいした貯金も出来なかったんですよね。。

今思うとナニに使っていたんだろぅ・・って

自分でも不思議なぐらいヴァカだったと。。


あたしお金の使い方が下手なんですね・・絶対(PД`q)


お金の使い方って改めて考えると特別教えてもらわないですよね。

ただ、人とのお金の貸し借りは絶対にダメってぐらいで・・

自分の実体験で養っていくというか、

少しずつ知らぬ間に身についていくというか

色々な事に目を向けて、好奇心を持って生きてく人と

そうじゃないあたしみたいな人との違いってこうやって出てくるんだなァって

あらためて実感しました。


このお金の教養には

「貯金をする」以外誰もお金について教えてくれなかった

年収3000万でもなぜかお金が貯まらない本当の理由

収入が増えれば、「お金の問題」は解決するのか?

↑↑↑

まさに あたし・・・


とか

お金の使い方・稼ぎ方・増やし方・維持管理

そして お金の与え方

といったなんとも題名だけで気になる内容が盛りだくさんなんです


もっと早くこの本に出会えばヨカッタって思うけど

今出会ったのは偶然じゃないって思いたいw

きっと今この本に出会ったからこそ分かる事が沢山あるんだなァ~って

思うんです。

大金がなくてもいいけど、心が狭くなっちゃうような

ビンボーにはなりたくないって願うななかでした






↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

スポンサーサイト

テーマ:思ったこと・感じたこと ジャンル:日記

ななかのオススメ(*´∀`)ノ トラックバック(0) コメント(3) page top↑
<<ごぶさたしてました。。 HOME レアな香水おしえちゃうっ>>
コメント
TITLE:

俺の友達にもお水やってた人がいて、
ななかさんと同じぐらい稼いでたみたいだけど、
今は違う職種で給料も安くて贅沢出来ないとこぼしてたよ。
お水の頃はブランド品やら買いまくってたとも言ってたしね。

まぁ、お金の使い方は難しいよね^^;
俺は計画的に使ってるつもりだけど、
気付けば予想外に使ってた時もあったしw

というか、ななかさんってお水してたんですか!?
前に俺の所でドコモで働いてたと言ってたから
てっきりそうだと思ってたわw

ドコモは普通のOLさんだったの?
それともドコモショップのお姉さん?
何気に気になってたのでw
♥ by: BEAM 2008/10/05 22:54 URL [ 編集] page top↑
TITLE:

BEAMさんっいつもコメント超感謝デス!!!
ありがとぅ(PД`q*)
そそそそ。ドコモショップですよ~
その前がお水してましたw
金銭感覚ってその時の収入に合わせられるけど
生きたお金の使い方が難しいと思う今日この頃デス。。
♥ by: ななか 2008/10/06 14:55 URL [ 編集] page top↑
TITLE: 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
♥ by: 2008/10/26 02:55 [ 編集] page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanakairo.blog44.fc2.com/tb.php/12-23c7be89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。